「ほっ」と。キャンペーン
    Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
腹中書あり
a0118928_10073014.jpg


携帯が普及している時代ですから、電車に乗って何かをしているというと、ほとんどの人が携帯画面を見ていますし、私もよくそのうちの一人となっています。
ですが、その中に時々文庫本を読んでいる人の姿が目に入ると、「あ、いいなぁ」といつも思います。
携帯はつながりを持つツールなので、一人でいても常に何か外界の何かと繋がっているというイメージですが、本はというと反対に、一人の世界に入っていく方向性をもっているように思います。
ある意味で孤独な世界とでもいうのでしょうか、その孤独な姿に知的な雰囲気を感じます。
孤独であることと知的というのは、どこかで深くつながっているのかもしれません。

本との出会いというのは、時には人との出会い以上に人生に大きく影響するものだと思います。
いつ、どのような状況で出会うかというのも、まさに一期一会。
振り返ってみると、人生のある時期、ある時期で、その時身近にいる誰かに何冊か続けて本を紹介してもらっていることが分かりました。
大勢に向けられて紹介された本ではなく、特に他の誰でもない私に対して、紹介してもらう本。
私の場合は、それはある時期までは母からの勧めの本の数々でした。
そしてここ3年くらいの間、ある一人の人に紹介していただいた本を読み続け、それが50冊ほどになり、なんとなく一区切りついたところです。
そうすると最近になって、また別のある方が、その人に代わるようにして本を紹介してくださるようになったのです。
何かとても面白いな、と思います。
尊敬する人に本を紹介してもらえるということは、とてもありがたいことです。

さて、前置きが長くなりましたが、定期購読している月刊『致知』の今年7月号の特集テーマが「腹中書あり」で、各界の第一線で活躍する人たちがそれぞれご自身の”腹中書”を紹介されていました。
人生で訪れる数々の苦難を乗り越えていく際、闇の中にさす一筋の光明となるような書籍の数々。
ここにメモがてら記しておき、おいおい読んでみたいと思います(カッコ内の名前は紹介していた人です)。

『坂の上の雲』『西郷隆盛』(河野克俊:統合幕僚長)
孔子『論語』(安岡定子:安岡正篤の娘さん)
内村鑑三『代表的日本人』(堀義人:グロービス経営大学院学長)
ナポレオン・ヒル『成功哲学』(黒岩功:ル・クログループオーナーシェフ)
アレクサンドル・デュマ『モンテ・クリスト伯』(中井宏:認定NPO法人脳脊髄液減少症患者・家族支援協会代表理事)
『老子』(濵口道成:国立研究開発法人科学技術振興機構理事長)
安岡正篤『知命と立命』(小林充治:アスペック社長)
佐藤一齋『言志四録』、公安書『碧巌録』


**********


読書が人を強くする
絶えず本を読むことです。
人生について書かれたものや、成功譚(たん)というのは、やはりその人の長い人生での経験がつまっているものですから、それらに接している人はやはり他の人とは違ってくる。
それは、立身出世主義だとかあるいはお説教じみているとか、道徳臭いとか何とか、悪口をいう人はいっぱいいる。
だけど、心がけて、そういったものを読み続けた人というのは、やはり何かの時には強いと思います。(渡部昇一)



[PR]
by ramram-yoga | 2016-10-11 10:06 | | Comments(0)
<< 心配り 8・9月の読書本 >>