Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
bjork
音楽ネタが、続きます。

大学時代にものすごく好きだったbjork(ビョーク)を、2~3ヶ月前急に聴きたくなり、しばらく毎日聴いていたことがありました。
ちょうど自分の瞑想中におけるプロセスが新しい局面を迎え、過去記憶が印象と共に次々と沸き起こってきていた時でした。

bjorkの音楽を聴いているといつも、何故だか分かりませんが、生まれる前のことを思い出すような気がしてならないのです。
生まれる前のことなんて、もちろん意識上の記憶にはありません。
それなのに懐かしく、遠い記憶が呼び起こされるような感覚に陥ります。




最近のbjorkのPVを観ていると、音楽と映像がセットになってbjorkの世界観がより強烈に伝わってくるようになっていました。
たかが映像、たかが音、と思いますが、見ていてすごくドキドキします。
自分の奥深いところにまで侵入してくるような何かを感じてしまうのは、私だけではないはず。


以下、ドキドキトップ3(笑)
(人によっては閲覧注意かもしれません・・・。)




なんと、自分のおっぱいから出たコード(?)にがんじがらめになって、身動きが取れなくなってしまいます。



ただ奇抜なだけではなく、洗練され飛びぬけた音楽的センスと完成度の高さにより、グラミー賞に12回、アカデミー賞に1回ノミネートされるなど多数の賞を獲得しています。

音ひとつの入れ方、音色の選び方、どれも絶妙でため息をついてしまいます。



[PR]
by ramram-yoga | 2015-10-17 22:12 | music
<< 10月の読書本 ショパンのワルツ >>