Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
レオンハルト
音楽って、大好きな曲でも全く聴きたくなくなったり、普段全然聴かないような曲が絶妙のタイミングでスゥーっと身体に染み込むように入ってきたり、不思議です。
きっと、その時々に必要なものを、無意識的に選んでいるのでしょうね。

最近毎日聴いているのは、バッハのパルティータ。
大学時代に買って繰り返し聴いていますが、聴けば聴くほど味わいが深くなっていきます。

やっぱりバッハが、大好き。
そしてやはり大好きな、レオンハルトの演奏で。






レオンハルトといえば、息子が生まれる数日前に、大きなお腹を抱えてソロコンサートに行きました。
2011年5月、震災で多くのアーティストが来日をキャンセルする中、レオンハルトはスケジュールどおり来日し、そしてチェンバロに向き合って一曲一曲弾きあげていく真摯な姿に感動したのを覚えています。
静かで、バッハの音楽に対してどこまでも誠実。
でもその中に躍動感があり、いのちの歓びのようなものが噴きだしているようにも感じられました。


レオンハルトのチェンバロでの、ゴルドベルク変奏曲も本当に素敵。

[PR]
by ramram-yoga | 2015-10-15 20:58 | music
<< ショパンのワルツ 9月の読書本 >>