Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
4月の読書本
a0118928_7433928.jpg

13.「患者よ、がんと闘うな」 近藤誠著
14.「養生訓問答―本当の『すこやかさ』とは―」 中岡成文著
15.「日本の土着思想―独創的なリベラルとラディカル」 上山春平著
16.「微笑みを生きる <気づき>の瞑想と実践」 ティク・ナット・ハン著
17.「怒り ANGER 心の炎の静め方」 ティク・ナット・ハン著
18.「不死のしくみ」 阿部敏郎著


::::::::::::::::

今月初旬に、NHKの番組「こころの時代」で、2回にわたってベトナムの禅僧ティク・ナット・ハンについて放映されました。

ティク・ナット・ハンの存在は以前から書籍を読んだりして知っていましたが、実際に映像でその姿を見、表情、言葉を聞いているうちに、すっかり魅了されてしまいました。

その後何度も、録画を繰り返し見ています。
著書も立て続けに、読んでいます。

まるで乾いた土に水がしみこんでいくように、身体全体にその精神性が染み渡っていきます。

それは、外側から取り込んでいくというよりは、ティク・ナット・ハンの導きを介して、自分に立ち戻っていくといった方が、合っています。



[PR]
by ramram-yoga | 2015-04-30 22:13 |
<< 5月の読書本 基礎の学び >>