Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
3月の読書本
a0118928_051215.jpg

11.「魂の科学」(再読) ヨーゲシヴァラナンダ著
12.「人類最古の哲学」 中沢新一著

:::::::::::::::

3月も今日で終わり、明日から新年度が始まります。
3月までの読書数は目標としていた20冊には及ばずでしたが、今月は本当に久しぶりにゆったりとした時間が過ごせました。
特に、「魂の科学」をじっくりと再読できたのが、とても良かったです。

4月5日の研究発表の構想を練り、悪戦苦闘しながらも大体形になってきました。
しかし、まとめていくうちにだんだんとある事が明確になってきました。
どんなにヨーガのことを言葉で分かりやすく説明できたとしても、矛盾なく語ることができたとしても、実際の体験が伴っていなければ、それはただの机上でのお遊びに過ぎないということです。

そして、どんなに上手な言い回しを並べ立てても、最終的には実際にそれを口にしている人がどのような世界を見ているのかが、伝わっていくのだということ。

分かっていたつもりでしたが、今回は実感を伴って腑に落ちていきました。

インドの言い伝えにもあるように、マンゴーの木を葉っぱを数えたり、あれこれ概観して議論するのではなく、ただそのマンゴーの甘美を味わいさえすれば、いいのですよね。

[PR]
by ramram-yoga | 2015-03-31 20:12 | | Comments(0)
<< ヤーマ・ニヤーマ論争 今、この瞬間から >>