Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
1月の読書本
a0118928_20305336.png

1.「人間観の覚醒 ―生き方の変革―」 芳村思風著
2.「みんながブッダ ―絶望は悟りのチャンス―」 阿部敏郎・向令孝著
3.「なかったことにしたくない -実父から性虐待を受けた私の告白―」 東小雪著
4.「認知行動療法とブリーフセラピーの接点」 津川秀夫+大野裕史著
5.「いまこそ、感性は力」 行徳哲男・芳村思風著
6.「EMDR -外傷記憶を処理する心理療法-」フランシーン・シャピロ著


::::::::::::


4月にとある研究会で発表をさせてもらうことになりました。
内容は、伝統的ヨーガ独自の人間観や実践哲学について。
今年は伝統的ヨーガを学び始めてちょうど10年目で、自分にとっては記念すべき年でもあります。
まだまだ理解が浅いのでどこまで深めることができるか分かりませんが、今までの集大成として一度まとめてみたいと思います。

ヨーガの人間の捉え方、生命の本質に迫る方法、そして日常での心の持ち方。
出会ってから10年経った今も尚、魅了され続けています。
そして、続けていくほどに、それらの偉大さを実感を伴って感じています。
余力があれば、私がこれまで出会った哲学的な視点からの考察や、現代における臨床の中でどのように活かすことができるかなどにも触れてみたいと思います。
ということで、今回は実践ではなく、理論編となります。

もしご興味のある方、どなたでも是非お越しください(こちらのメールフォームからお問い合わせいただければ、申込先など詳細をお伝えいたします)。


日時:4月5日 13:00~17:00
場所:キャンパスプラザ京都(JR京都駅から徒歩10分もかかりません)
費用:1,000円(学生500円)

また3月中旬には、こちらのブログでもご案内いたします。



(写真は去年の年末に行ったキッザニアにて、消防士さんになりはりきっている息子(一番右)。
 他にもアイスクリーム屋さんや宅急便屋さん、ガソリンスタンドのスタッフなどいろいろな職業体験を楽しみました。)
[PR]
by ramram-yoga | 2015-01-31 12:28 | | Comments(0)
<< ALOHA 年のはじめに >>