Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
8月の読書本
a0118928_9483235.png



46.「医学概論とは」 澤瀉久敬 著 誠信書房
47.「僕のフォーカシング=カウンセリング―ひとときの生を言い表す」 池見陽 著 創元社
48.「愛しすぎる女たち」 ロビン・ノーウッド 著/落合恵子 訳 中公文庫
49.「中村雄二郎全集Ⅶ 西田哲学」 中村雄二郎 著 岩波書店


*************

8月初旬で集中講義を含め大学院の前期の授業が終了し、夏休みに入りました。
夏休みに入って少し時間に余裕が出てくると、前期のうちに溜まりに溜まっていた読みたい本の数々を、片っ端から読破していきたいという思いがむくむくとわいてきました。

・・・先日、約4年ぶりに海外に行ったのですが、海外に行くと、日本にいてはなかなか見えにくい自分がみえてきます。
10年前、まだ20歳そこそこだった頃、私の目は外へ外へと向けられていました。
日々の日常がこの上なく退屈なものに思え、いつも、ここではないどこかへ向かおうと、刺激とスリルを求めていたような気がします。
そして、その頃、とても魅力的に思えて仕方なかったのが、海外でした。
異国の地に足を踏み入れるだけでゾクゾクしました。
そこには現地の人にとっての日常がありましたが、私にとっては非日常で刺激的、でした。

しかし、今回インドネシアに行き、1日あったフリータイムでお土産を買った後、「静かな場所で本が読みたい」と思った自分に我ながら驚きました。
数年前の私なら、一分一秒を惜しんでダウンタウンに飛び出していったのに。
今の私にとって、何が起こるかわからないような魅惑的な世界は、本の中にあります。
特に、偉大な魂の残した本は、こちらの生命力が足りないと圧倒されてしまい、読みきることができません。
ある意味いのちがけ、真剣勝負という気がしています。
海外で一人、旅するのが生命力の動的側面だとすれば、読書は静的側面が必要だと感じています。

今の自分の状態も、また変化していくのかもしれません。
なにしろヨーガによれば、汲めども尽きぬ智慧の宝庫は、他のどこでもない、自分の内側にあるのですから。


(ふと中古本のカバーの言葉が目に留まりました。
 「人生の至福は読書に在り」
 明治~昭和を生きた小説家、永井 荷風氏の言葉だそうです。)
 
[PR]
by ramram-yoga | 2014-08-31 00:51 | | Comments(0)
<< ヨーガの智慧に収束していく アジア心身医学会atジャカルタ >>