Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
2月の読書本
今月の読書本。
番号は、2014年に入ってからの通しでつけています。


15.「歴史と人間」 草光俊雄・五味文彦・杉森哲也 著 (放送大学教材)
16.「発達心理学概論」 氏家達夫・陳省仁 著 (放送大学教材)
17.「哲学塾 パラドックスの扉」 中岡成文 著 (岩波書店)
18.「アルコホリズムの社会学 アディクションと近代」 野口裕二 著 (日本評論社)
19.「光と影の法則」 心屋仁之助 著 (経済界)
20.「心屋仁之助の奇跡の言葉」 心屋仁之助 著 (経済界)
21.「身体は、なんでも知っている なぜ体調が悪いのか?どうすれば治るのか?」 堀田忠弘 著 (かんき出版)
22.「いい人をやめると楽になる」 曽野綾子 著 (祥伝社黄金文庫)
23.「百年の食 食べる、働く、命をつなぐ」 渡部忠世 著 (小学館)
24.「新緝 森信三全集 第一巻」 森信三 著 (致知出版社)



今月も読書でかけがえの無い出会いをいただきました。
渡部忠世氏、森信三氏の著書を読みながら、今さらながら日本のことに関して無知な自分を反省し、もっと知りたい、知らなければならないという思いが強くなりつつあります。
[PR]
by ramram-yoga | 2014-02-28 21:03 | | Comments(0)
<< 嫌われる勇気 人間としてこの世に生を受けて >>