Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
1月の読書本

***********

1.「透明な力 ―不出世の武術家 佐川幸義―」 鈴木達雄 著
2.「わかりやすい構造構成理論 ―緩和ケアの本質を解く―」 岡本拓也 著
3.「迷ったときは運命を信じなさい」 ディーパック・チョプラ 著
4.「英語抄録・口頭発表・論文作成 虎の巻」 上松正郎 著
5.「ただ一人の個性を創るために」 曽野綾子 著
6.「ダイエットの女王」 伊達 友美 著
7.「その神経(バランス)じゃ、調子悪くもなりますよ」 小林弘幸 著
8.「国際理解のために」 高橋和夫 著 (放送大学教材)
9.「問題解決の進め方」 柴山盛生・遠山紘司 著 (放送大学教材)
10.「西洋哲学の誕生」 佐藤康邦・三嶋輝夫 著 (放送大学教材)
11.「人格心理学」 大山泰宏 著 (放送大学教材)
12.「西洋音楽史」 岡田暁生 著 (放送大学教材)
13.「文化人類学」 内堀基光・本多俊和 著 (放送大学教材)
14.「社会心理学の基礎と応用」 坂元章・小口孝司 著 (放送大学教材)



***********

あと、本ではなく雑誌ですが毎月これだけは欠かすまいと読んでいる月間致知には、かなり触発されています。
何せ月刊誌なので、登場人物やトピックスがフレッシュ。
現代の覚者たちが続々登場し、読むたびに発奮させられます。
心より尊敬する日本の哲学者・教育者である森信三氏が、「致知の読者が10万人になれば日本は変わる」と生前仰っていたそうですが、去年なんと読者がその10万人を超えたそうなのです。
日本は変革の時代に入ったのかもしれません。

このようにリストにあげはじめるようになってから、読書本を選ぶときにどのような本を手にとるか、以前より意識するようになりました。
そして、何をどのくらい読むかは思っていたより大切だな、と、実感。
食べ物が身体を作るように、読む本が心を創りあげていくのだとしたなら・・・。
今年は年末に、一年の読書本のリストを作ってみようと思います。
[PR]
by ramram-yoga | 2014-01-31 13:30 |
<< 入学祝い その神経(バランス)じゃ、調子... >>