Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
言葉にならない
きがつけば2013年がもうすぐそこです。

今年の大掃除は、どこか1箇所だけきれいにできればそれでよしっ!と、決めました^^
ターゲットをトイレに決め、息子の就寝後、一人静かに磨いていました。
ドビュッシーやラヴェルのピアノもいいけれど、私にとって静かな夜に聞くのはやっぱりショパンのノクターン全集を超えるものはありません。

「そうですかショパンのノクターンが好きなのですか!
 ところで、この音楽のどんなところが“好き”と感じるのですか?
 そして、それをどうして好きと感じるのでしょうね?
 そのあたりに、あなたのこだわりが隠れているかもしれませんね・・・」

と、最近カウンセリングを学んでいる者としては、自分の心が何かに反応すると、自動的に心の中でもう一人の私がカウンセリングを始めてしまいます(笑)

それは、おいておいて・・・・


何度聴いても飽きないし、ロマンチックなメロディーにうっとりしつつも、何か心の細やかな部分もそっとすくいとってくれるような気がしてとても落ち着きます。

音楽にはやっぱり、人を救い、癒し、勇気付けていく力が確実にあると思います。
言語によるカウンセリングでは、心の中にある無意識的な領域に光をあて、言語化して“言語でのやりとり”の中で気づきがもたらされ変容がもたらされます。
だとすれば音楽は、言葉にならない思いや感情をそのまま受け入れ、非言語的に昇華させていくことができるのだと思います。
逆に言うと、音楽はその潜在的な力を誰もが実感しているからこそ、時代や国境を越えて普遍的に愛されているのでしょう。

だからこそ音楽療法は、言語では扱えない領域にまで踏み込んでいくことができ、そこが最大の魅力であり一方で難しさなのだと思います。
・・・と、心理学の学びにより、私の元々の専門だった音楽療法へも少し接近しつつあるように感じている今日このごろです。

今日心に残った1曲は、第18番でした。

[PR]
by ramram-yoga | 2012-12-28 00:28 | music
<< 2013米子集中修行会 カウンセリングって、難しい >>