Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
霊性の修行
一昨日、車を買い替えました。
学生時代から約10年ずっとお世話になっていたマーチの“マチ子ちゃん”と別れを惜しみました。
そして、思いました。
形あるものはすべて変化していくし、物事にはいつか必ず終わりが来るんだな、と。

ヨーガの言葉でいうと、この世界はすべてマーヤー(まぼろし)。
諸行無常であり、本質ではない。
でも、その真実はとても巧妙に隠されている。
あたかもリアルなものがリアルでなく、リアルでないものがあたかもリアルであるかのような錯覚に陥ってしまう。

その状態から、目覚めていたい。
と、強く思います。

先日ある人からもらったメッセージを。


***********

a0118928_2148786.jpg私たちは何のために生きているのか。
その問いを毎日自分に問いかけること。
人間はすぐに、本当にすぐに、忘れてしまうから。

この体も、家族も、与えられた仕事も、
人からの賞賛も、
何もかもすべておいて、
たった一人で、
この世から旅立っていかなければならない。

その時に持っていけるものは、
この魂だけ。

どんな風に磨いて、
どれほど高めて持っていけるか。

ただそれだけが日々問われているのではないか。

大きな私が、私の中にはっきりと存在している。
そこに向けて瞑想しよう。
繰り返し繰り返し。
そうしないと、すぐに足元をすくわれてしまう。
それほどに、目に映るこの世界の引力は強いから。

何度つまづいても、
どこまでも、やっていこう。

霊性の修行を。

[PR]
by ramram-yoga | 2012-10-01 22:03 | ことば・メッセージ
<< 変化するものと、しないもの トラウマ・センシティブ・ヨーガ >>