Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
カウンセリング講座
今日はふうや内観研修所にて、連続カウンセリング講座があったので参加してきました。

今回は第3回目ということで、カウンセリングの初回面接においてするべきことを理論とロールプレイを通して学びました。

カウンセラーは来談者に「開いた質問」と「閉じた質問」を使い分けながら問題の核心に迫っていきます。
開いた質問とは、5W1Hに代表されるような質問です。
それに対し閉じた質問とは、相手が「yes」か「no」で答えられるような質問。

来談者がどのような問題を抱えてきているのか、それによってどのように困っているのか、どうなって欲しいと希望しているのか・・・。
それについて、開いた質問で尋ねていくのですが、これが難しい・・・!

ロールプレイなどで四苦八苦しながら、講師の先生にアドバイスをいただきながら、学んでいきました。

今日感じたのは、普段いかに相手のことを自分の価値観で解釈してしまっているかでした。
自分以外の人が見ている世界って、自分が思っている以上に、自分とは違うんだなぁということを感じました。

カウンセリングって、難しいです。
1人前になるまで8年くらいかかるそうですから、私も気長に楽しみながら学んでいきたいと思います。
[PR]
by ramram-yoga | 2012-09-23 22:09 | 心理学とヨーガ | Comments(0)
<< トラウマ・センシティブ・ヨーガ Passage2回目 >>