Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
分娩台よ、さようなら
a0118928_20102762.jpg

偶然見つけた本なのですが、出産前に出逢えてよかったなと思える本でした。
いえ、願わくば出産前にではなく、妊娠前の女性に読んでもらいたい一冊です。

この本の著者である大野明子さんは、現在はお産の家という自然出産のための診療所を開いている産婦人科医なのですが、もともとは東大理学部卒の地球化学者でした。
そんな著者が、自身の出産の経験を通してお産について深い興味を持ち、そこから勉強をして産婦人科医になったのです。

この本には、現在の産婦人科でとり行われている一般的な分娩がどのようなものであるかから始まり、流産や早産、妊娠中毒症や骨盤位(逆子)についてなど、妊婦なら知っておきたい情報も分かりやすく書かれています。
それに加えて、自然分娩とは何か、会陰切開の必要性、陣痛促進剤の使用についてなど、とても詳しく説明されています。
この一冊を読むと、妊娠・出産についての大体の概要がつかめるとともに、では自分はどんなお産がしたいのか、少し具体的に描くことができると思います。

逆に言えば、現在は妊娠・出産に関して情報があふれるくらい氾濫しているにもかかわらず、私達妊婦が本当に知っておきたい情報があまりにも少なく、意図的に隠されているのでは?と思わず思ってしまうほどです。
つい最近まではほとんど自宅で行われていたお産が、医療の名の下に行われる「管理された分娩」になり、それが当たり前となってしまったからなのだと思います。

でも、そのような産科医療の体制にならざるを得なかったのは、決して医療者側の責任だけとは言えない現状も分かってきました。
やはり、産婦が安全を求める分、医療者側はお産をマニュアル化し、より管理するものとしていかなければならないからです。
産婦が医療介入をしない自然なお産を望むなら、それだけ本人が主体的にお産にかかわり、責任をもつことが必要になってきます。
本来、出産というのはそれだけいのちと直結した、生きものとしての体験なんだなぁと、本を読んでいて改めて思いました。

私は、だから「会陰切開がダメ」とか「自然分娩がマル」とか、頭から決め付けるのではないと思います。
「よかった」「悪かった」というのはあくまで出産した本人が決めることであって、どのような経験をするかは産婦さん次第でもあると思います。
でも、納得するお産をするには事前にそれなりの知識を持っておくことが大切だと思うし、その知識を得るためにとてもいい一冊なのではないかと思います。



sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ramram-yoga | 2011-04-06 23:05 | | Comments(0)
<< お花見ヨーガ 産休に入ります >>