Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
バッハの管弦楽組曲
今日で妊娠7ヶ月目に入りました。
お腹の中の赤ちゃんは、元気にすくすく育っています。

さて、妊娠してからいろいろと変化がありましたが、一番変わったのは音楽の好みでした。
また、なかなか遠出できなくなった分、音楽を聴いたり演奏会にでかけたりする機会も増えました。

そんな中先日、兵庫県立芸術文化センターで、以前から是非一度演奏を聴いてみたいと思っていた日本テレマン協会の演奏会があったので、出かけてきました。

指揮者の延原武春さんは、以前NHKこころの時代に出演されていていたのですが、テレビの中の物静かなイメージとは打って変わって、舞台ではバリバリの大阪弁で、お話も笑いが盛りだくさんでとても楽しくて素敵な方でした。

今回の演奏会は、バッハの管弦楽組曲が中心でした。
それがとても良かったので、今でも家でよく聴くレパートリーのひとつです。

その中で好きな曲をいくつか。
テレマン協会の演奏とはちょっと違いますが。
それと、演奏がそれぞれバラバラですが・・・。


バッハ管弦楽組曲第2番・第1楽章



管弦楽組曲第3番・第1楽章



そして、バッハの管弦楽組曲と言えば、何と言ってもこれですね。
管弦楽組曲第3番・第2楽章 アリア



バッハの曲は、何度聴いても新鮮さがあって感動できるので不思議です。



sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ramram-yoga | 2011-02-16 22:51 | music
<< チベットからみた日本 陣痛さん、ありがとう >>