Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
メサイア
先日26日は、以前からとても楽しみにしていたヘンデルのオラトリオ「メサイア」を聴きに、いずみホールへ行ってきました。
演奏はバッハコレギウムジャパンです。

メサイアは、イエス・キリストの誕生の予言から受難、死後の復活、そして永遠の生命への信仰まで・・とテーマが壮大な上に、演奏時間も3時間近くと長時間にもかかわらず、聴衆を惹きつけて離さない曲の構成と演出はさすがヘンデルという感じで、演奏会はあっという間に感じられました。


以下、メサイアの中から好きな曲を何曲かピックアップ。


●イエスの受難

 この方は侮られて、人から除けものにされた。
 彼は悲しみの人であり、苦しみも知っていた。
 背中を打つものにその背中を委ね、髭を抜くものにその頬を任せた。
 恥ずかしめられ、唾を吐きかけられても、その顔を隠すことはなかった。

…華やかな曲が並ぶ中、この曲はとてもひそやかで静かですが、とても重要なテーマであり、ヘンデルも泣きながらペンをとって作曲したというこの曲。
 聴く方も涙なくしては聴けないです。
 もののけ姫で有名な歌手の米良美一さんも長年この歌を歌っているそうですが、自分が人に与えてきた苦しみを知るごとに、この曲への理解が深まっていくのだとか。


●有名なハレルヤコーラス

 やはり・・・圧巻でした。


人間ってすごいなぁと、感動しきりでした。
自分の持っているエネルギーを、時には葛藤や苦しみのエネルギーも、宗教的・芸術的なものに全力投球していくことができる、精神力の高さに・・。


●最後、キリストを誉め讃える場面

 歌詞はアーメンのみ


やっぱり、当たり前ですがライブはCDと全然違いますね。
こんなすばらしい音楽に出逢えるなんて、生きててよかった!って思えるくらい良かったです。
わたしは涙もろいのか、最初から最後までずっと泣いていました(終わると泣き疲れてました・笑)。
音楽の力を改めて感じた演奏会でもありました。




sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ramram-yoga | 2010-12-29 21:43 | music | Comments(0)
<< 1年を振り返って お腹に赤ちゃんがいます >>