Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
お盆に、祖母を偲んで
a0118928_19205049.jpg大好きだった祖母が亡くなってから、1年半が経ちました。

お盆のせいか、最近祖母のことをよく思い出します。

優しくて温かくて、いつも「さっちゃん」と、にこにこと笑顔で抱きしめてくれていた祖母が、晩年には意識障害のために、私の顔を見ても以前のような笑顔を見せてくれることは無くなりました。

ほっそりと痩せて小さくなった祖母が、苦しそうな息をしながらベットに横たわっている映像がふと、蘇えりました。

目の前にいる、以前とまったく変わってしまった祖母を、今思えば受け入れられずにいたような気がします。

私の中の祖母は長いこと、元気だった頃のままでした。
でも、今は、晩年の苦しそうだった祖母の姿を思い出しても、悲しくはなりません。

祖母の亡くなった後は、どうしようもない悲しみに耐えられそうにありませんでした。
でも、今は、悲しくはありません。

祖母の本質は、あの肉体ではなかったのだ、と思うようになりました。

いつでも、祖母は私のそばにいてくれている。
私がそちらにこころを開きさえすれば・・・。
そんな風に感じています。


先日学んだ、ヴェーダンタの講義の中で、講師の村井さんが宇宙に偏在するブラフマンの概念について、分かりやすい詩を見せてくださいました。


私は、いつも、あなたのそばにいます。

あなたは、私を必要としていますか?
私は、そこにいます。

あなたに私がみえなくとも、私は、あなたが見ている光そのものです。

あなたに、私の声が聞こえなくとも、私は、あなたの言葉を通して、話しています。

あなたは、私に触れることができなくとも、私は、あなたの手を動かす力なのです。

私は、常に働いていますが、あなたは、私の行為を知らないでしょう。

私は、美しい姿、素晴らしい形をしているわけでもなく、いかなる秘密めいたものでもありません。

完全なる静けさの中、あなたが、自分自身を忘れる時、私の存在がはっきりと解るでしょう。

でも、それは、信仰と信頼によってのみ可能となります。

私は、そこにいます。
あなたが、私を必要とするところに。

あなたは、私なんてそこにいないと言うかもしれません。
でも、私は、そこにいます。

あなたが、よそよそしい態度でいても、私は、必ずそこにいます。

あなたが恐怖の中にあるとき、私は、あなたの友として見守っています。

あなたが、痛みで苦しんでいるとき、私は、決してあなたの手を離したりはしません。

あなたが、私に祈っても、祈らなくても、私はいつもそばにいます。

あなたには、私への確信がないかも知れません。

でも、私のあなたへの信頼はゆるぎません。

なぜなら私は、あなたをとてもよく知っているからです。

私はあなたを一番大切に思っています。

ああ!最愛の人よ、私は、ずっと、あなたと一緒です。





sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ramram-yoga | 2010-08-16 19:12 | ことば・メッセージ | Comments(2)
Commented by bao at 2010-08-16 23:33 x
>祖母の本質は、あの肉体ではなかったのだ、と思うようになりました。

私たちの本質は肉体ではないみたいだね。
だから、私たちは今も生まれもしていないし、死にもしないんだって。因に誕生の「誕」という字は「うそいつわり」と言う意味があるんだって〜。
おもしろいね〜☆

おばあちゃん、いつもすぐそばにいると思うよ!
Commented by sachie at 2010-08-17 08:32 x
そうだね。

おばあちゃんのことを知っててくれる人がいてくれて、嬉しいな。
ありがとね^^
<< ヨーガ療法専門のスタジオ「チャ... ラージャ・ヨーガ大阪集中修行会 >>