「ほっ」と。キャンペーン
    Ram-Ramのホームページはこちらをクリックして下さい
2極の対立からの脱却
現在、いくつかのクラスでは毎月最終週のクラスで瞑想を行っています。
ヨーガの智慧のことばをもとに過去の経験を振り返り、自分の心の在り方を調べていきます。

a0118928_21135750.jpg今月は、次のような智慧の言葉をもとにして、瞑想を行いました。

「物心の富は 艱苦(かんく)の結晶なり」

少し難しい言葉ですが、これはつまり、物の豊かさや心の豊かさを得ようとしたとき、そこに困難や苦労があって初めてもたらされるという教えです。

この言葉をもとにして、瞑想の中で皆さんにそれぞれの過去を思い出していただき、今までの人生での困難や苦労によって得られたものについて、調べました。

私の場合ですと、瞑想の中で二度と戻りたくないような苦しかった頃を思い出しました。
しかし、実はその時期に一番成長できていたことに気づかされ、その経験があってこそ今の自分がいる、あれは自分の成長にとってありがたかったのだ、と思い直した時期がありました。

人生における打撃、それは困難であればあるほど、ハードルが高ければ高いほど、その後に得られるものは実は大きいのかもしれません。
と、未熟なりに考えさせられた今月の智慧のことばでした。

過去を振り返ると、できれば避けたい不幸に思える出来事も、後で振り返るとありがたい出来事だった、という認知の転換がときに起こる・・・。
このように、「善い」「悪い」とか、「好き」「嫌い」とか、自分が物事に対して加えている意味づけのことを、ヨーガでは“2極の対立感情”といいます。

その2極の対立感情から解放されて自由になる、それがヨーガが目指している境地なのだ、ということです。
今後も皆さんと一緒に、少しずつ少しずつ、瞑想を深めていきたいと思います。


最後に、インドの偉大な叙事詩「マハー・バーラタ」の中でクリシュナという神様がアルジュナという男に、行為の仕方について説いた言葉をご紹介いたします。

アルジュナよ。
   執着を捨て成功と不成功とを平等のものと見て、
           ヨーガに立脚して諸々の行為を為せ。
                 ヨーガは平等の境地といわれているのだ。 

                       (「バガヴァッド・ギーター」Ⅱ-48より)



sachie
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by ramram-yoga | 2010-02-28 21:26 | YOGA | Comments(4)
Commented by あに。 at 2010-03-01 21:22 x
一元思想ですね。
自と他の区別こそ根本無知。
Commented by sachie at 2010-03-02 12:57 x
兄さんへ

コメントありがとうございます。
そうですね、ヨーガは随所に不二一元論の思想が出てきますよね。

兄さんはいろいろと詳しいんですね。
また、教えてくださいね^^
Commented by yasu at 2010-03-04 00:15 x
 すごく久しぶりにコメントさせてもらいます。
ご無沙汰していた期間の分、すべて読ませていただきました。
 日々探究されているサチエさんを感じました。
でも、人に対する優しさは変わっていないなと思います。
 ボレロのトロンボーンきれいでした。私には無理です。(^-^)
Commented by sachie at 2010-03-04 15:21 x
yasuさん

お久しぶりですね、コメントいただけてとっても嬉しいです。

そちらも少しずつあったかくなってきていますか?
懐かしいなぁ~。
もう、2年も経つんですね。

どうも、ありがとうございます^^
<< 病院の職員さんに対するヨーガ療法 経験からの解放 >>